介護エプロンで快適介護を実現しよう│介助者サポートガイド

介護

エプロンの色々な役目

病院で使われる介護エプロンとは、ふた通りの意味を持っています。まず一つ目は、食介をする時に介助者が使用するためのエプロンのことです。食事を運ぶ時や、食介をする時には介助者にも介護エプロンの着用が不可欠です。また、二つ目の意味として、高齢者の方が食事の際に使用される介護エプロンがあります。これは、手の麻痺がある方などが食物を上手に口に運べない場合がありますので、そういう時に衣服を汚さないようにするためのものなのです。この場合、使い捨てタイプと洗濯して使えるタイプがあります。ではなぜ、介護エプロンが必要なのでしょう。その一番の理由としては、衛生的な問題があります。食べこぼしをすれば、介助者と利用者の方の衣服が汚れます。衣服が汚れれば、着替えて洗濯をしないといけません。着替えすら利用者の方にとって重労働となるので、なるべくなら食事のたびに着替えるのは避けたいところです。そして、次にあげられる理由として、食べこぼしによって病院や施設の床が汚れてしまうという問題があります。他の方が気付かずに床に落とした食べ物を踏んだり触ったりしてしまうことも考えられますので、病院や施設内の床は常に清潔にしておかないといけません。それから精神的な面で言うと、利用者さんにとって自分の手で物を上手に口に運べないというのは、ご本人の自尊心が傷つけられる可能性があります。自分だけ介護エプロンをしていると恥ずかしいと思う方もいるかもしれませんが、食事を運ぶ時に介助者がエプロンを着けていると少し安心するかもしれません。本来は配膳する時に使うためのものですが、これ一つで様々な問題を解消する手助けをしてくれると思います。

そのままにしておくと

食べこぼしや飲みこぼしを防ぐ為に開発された食事用のエプロンが介護エプロンです。病院や施設などで幅広く使用されているこのエプロンは、利用者さんの衣服を食べこぼしから守ります。

詳細へ

食事の時に活躍

介助者と利用者さんの両方の観点から考えだされた食事用のエプロンは、介護エプロンなのです。食事を美味しくとってもらうための工夫が、このグッズには詰まっているのです。

詳細へ

様々な使い方がある

介護エプロンは様々な用途で使われます。その為、あらゆるニーズに対応できるように今ではあらゆるデザインの介護エプロンが誕生しているのです。上手く使うことで床への食べこぼしも防ぐことができます。

詳細へ